酒と肴と鷹のぼせ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2週間の間お世話になっていた先生と飲みに行きました。
京都の中心から少し離れた伏見のお店、駅は桃山御陵か伏見桃山です。

先生が昔から通っているお店「石勢」さんです。
石勢


まずは素材の味が生かされた前菜を頂きます。
このあとお刺身や酢の物もあったのですが写真とり忘れ・・・だっておいしかったから
前菜


今日のお目当てはこのスッポン
実は初めて。以前バイトしていたお店でスッポンの生き血は頂いた事があるのですが・・・
すっぽん
これまでに頂いたお料理が素材を引き立たせる上品なお味だったので、
こいつはパンチがありました!スッポンって濃厚!!!

2週間の研修の分岐点を楽しくおいしく過ごせ
さらにスッポンで精力爆発!がんばれそうです!(でした?)







このお店のご近所には寺田屋があります。
寺田屋





そしてこっちは場所は違いますが池田屋跡に・・・





居酒屋「池田屋」
時代かな?

池田屋








で、この2週間何やってたかというとー








能面を打ってました!

能面


先生、ありがとうございました。



石勢(いしせ)

●京都府京都市伏見区魚屋町573

●075-622-0143


大きな地図で見る
スポンサーサイト

2週間の研修の合間に京都の老舗が集まる展覧会
百味展にも行ってきました。
伝統の和菓子から酒蔵、また料理屋までーまさに百味展

百味展

全部お菓子

和菓子1

ここの黒七味はおみやげに買いました!
原了郭の黒七味


本当のどら焼きはこれだそうです。
クレープ状の皮を銅鑼で焼くから銅鑼(どら)焼き。。。
ちなみにこの笹屋伊織の銅鑼焼きは弘法大師の命日にあたる毎月二一日を挟んだ三日間限定の販売です
これが本当のどら焼き

京都のお酒ももちろん
残念ながらそのお味を頂く事は出来ませんでしたが、試食できる場所はあるようです。
お茶と振る舞い酒はもちろんいただきましたが・・・




仕事前の時間に京都御所へも行きました。
京都御所(御苑)建礼門


百味展で見たこの川端道喜・・・こういういわれがあります。
初代・道善の時代は、室町後期のいわゆる戦国時代にあたり、幕府の疲弊とともに朝廷の財政も逼迫していた。進と道喜親子はそうした状況を慮って、歳事や祝事の注文とは別に毎日色々な品を献上するようになり、やがては塩餡を包んだ餅を毎朝献上するのが習わしとして定着した。その餅は「お朝物」と呼ばれ、後に「朝餉」の儀として形式化し、明治天皇が東京に移るまで続いたのである。京都御所には、建礼門の東横に「道喜門」という名の専用門が今も残っている。(Digi Style京都より)

川端道喜


これが、おそらく道喜門か?
おそらく道喜門


御所は通勤路にもなっているようで朝は自転車が列をなしています。
皆が通るこの道は適度に砂利が固められ走りやすいようで皆ここを通ります。
人呼んで「御所の細道
細道


日曜日は天気が悪い予報だったのでこの土曜日は観光も選択を余儀なくされましたので
少し足を伸ばして宇治まで行ってきました!
宇治


お目当ては平等院とその内部にある飛天(雲中供養菩薩)鼓、笙、琴、琵琶など18種類の楽器を持つこの菩薩様達は中央の阿弥陀如来様とともに極楽浄土へ誘います。。。写真は撮れないので残念ですが何とも楽しげな印象でした。
元は色がついていたようですが地の木目が見えてしまっている今日もまたいい感じです。
鳳凰堂





しかし、ほんとに京都っていいなぁ

今度は観光編です。

清水の舞台から飛び降りる気持ちがとても知りたかったのでとりあえず「清水寺」へ

飛び降りるには結構な覚悟がいりそうです。。。


清水


2年だか3年坂をぶらぶらしてー
2、3年坂???


目指したのは龍馬さんのお墓参りへ
京都霊山護国神社へ

霊山護国神社

途中に「維新の道」って碑があります。

維新の道


三百円払って数々の山の中へ
割と登ってすぐあります。
京都が一望できる場所に龍馬さんと中岡さんの銅像とお墓があります。
ここから日本を見守ってくれているのでしょうか?
龍馬さんと中岡さん


初日は清水から河原町まで歩いて行き足パンパンで終了。
ぽんとちょう

くれいの酒場放浪記風
それでは、もう一軒。。。(酒場放浪記風で)

東寺
2009年10月某日京都に居ました。

初めての京都。

2週間の出張です。日曜前泊だったので昼に京都に入り観光&飲み!!!

とりあえず飲みの方から書きます


夕方まで清水から河原町界隈まで観光したあと後輩と新京極の立ち飲み「スタンド」(そのまんまw)で待ち合わせ。

後輩が調べて来た飲み屋に先斗町に向かうが・・・場所が分からない!

そんななか、ふらり入ったのがこのお店「ここら屋」
入り口のリーズナブルなメニューに惹かれて。

ここら屋


立ち飲みでビールはしこたま飲んでいたので
ここではとりあえず焼酎。
焼酎

冷やトマ
冷やトマ

おばんざい三種盛りで京都感を演出して
おばんざい

鴨と九条ネギのロースト
まさにネギ背負って来た鴨!甘辛く味付けされた鴨と九条ネギがよく合います!
鴨

ぽっと入ったお店でしたがリーズナブルなお値段でマンゾク。
このあと出張中もう一回来ました。。。

くれいの酒場放浪記風
それでは酒場放浪記風のくれいでお別れ。。。
ちなみにこの次の日からお仕事です



おうちごはん ここら屋先斗町店


大きな地図で見る


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2009 鷹のぼせ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。